<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

深海2017にて、オンデンザメ氏に会って来ました。

5mに達した個体は、272〜512歳と推定されたそう。

脊椎動物の中で最も長生きのようですよ!

 

蒸し暑い日々が続く中、いかがお過ごしでしょうか。

蒼月は文明の利器たるクーラーに頼りっ放しで御座います。

暑いと執筆も捗りませんしね!

 

ということで、蒼月の刊行スケジュールもだいぶホットとなっております!

学生さんは夏休みに入るかと思われますが、お休みの間も退屈させませんぞ!

 

7/21『夜と会う。』掲載予定(yomyom45号)

7/28『夜と会う。―放課後の僕と廃墟の死神―』発売予定

8/7『幽落町おばけ駄菓子屋 異話』掲載予定(sarisari8月号)

8/25『華舞鬼町おばけ写真館 祖父のカメラとほかほかおにぎり』発売予定

9月中旬『幻想古書店で珈琲を』5巻発売予定

 

連載作品の『夜と会う。』がついに文庫化!

今までとは少し違うテイストですが、蒼月節がしっかりと効いていると思うので、既存の読者さまにも自信を持っておススメしたいところです!

しっとり切なくも激しい新シリーズとなります!

 

そして、来月は遂に、華舞鬼町シリーズがスタート!

街が切り替わって心機一転。ご新規様が安心して楽しめる仕様になっておりますが、幽落町の読者さまもニヤリと出来る仕掛けが用意されております。

また、ただいま配信中の『sarisari7月号』では、幽落町キャラが華舞鬼町に行く話が掲載されております。こちらでは、華舞鬼町のキャラが先行登場!

かつて彼方君を騙して幽落町に連れて来た猫目さんですが、一筋縄ではいかなそうな新キャラと早くも火花を散らしているようです……!

 

2017年後半も、続々と刊行致します。

皆さまがご購入して下さる一冊が、蒼月にとっての大きな力となっております。

このご恩は、より良い作品を作ることで返させて頂きますので、引き続き、ご愛顧頂けますと幸いです!

刊行情報 | - | - | | TOPへ

お待たせしました!

深海カフェ3が、5/25に一年ぶりの刊行となりました。

既にご購入されたというご報告が、続々と届いております!

皆さま、いつも早期にご購入頂き、有り難う御座います……!

 

さて、今回の目玉は、セバスチャンに隠された秘密と、幽落町シリーズからのゲストキャラで御座います。

気になるゲストは、海関連のあの方!

海コラボはやらなくては……という使命感のもとで書きました!

それにしても、何故、蒼月の海キャラはチャラいのか!?

湘南の海で、若者達と「ウェーイ!」って盛り上がっていそう……!

今回も相変わらず、実在する水族館も登場しているので、夏のお出掛けシーズン前に是非ご一読くださいませ!

 

 

そして、気になる今後の刊行スケジュールですが、7月末に『夜と会う。』が文庫化します!

蒼月作品の中で最も熱い(し、厚い)物語ですので、連載を読まれた方も未読の方も、お手に取って頂けますと幸いです!

幽落町9巻のあとがきで触れた、幽落町シリーズで「ヘビィすぎる」という理由でボツになったキャラクター、イザヨイがメインで登場。

たっぷり文庫本一冊分、彼を巡る話となっております。

アヤカシとしての設定の名残もあるので、幽落町でどんな風に出る予定だったのか、想像するのも楽しいかもしれません。

 

直前の7/21には、『yomyom 44号』も発売!

連載では、あの猛毒舌ドS眼鏡の氷室さんとの決戦が……!

悪夢を生み出す彼の正体とは、そして、目的とは!?

新たに参入した女性キャラ、ヒカリさんも、ちまちまと奮闘します!

 

8月には『華舞鬼町おばけ写真館』が!

そして、その前に『幽落町おばけ駄菓子屋 異話』の連載もあります!

今年の夏は、皆さまを退屈させませんぞ!

刊行情報 | - | - | 昨年の記事 | TOPへ

六ヶ月連続刊行の締めは、一年ぶりに『深海カフェ 海底二万哩』シリーズの新刊が出ます!

今回は、メンダコの執事(仮)のセバスチャンに隠された秘密が明らかに……。

というか、深海に関して、一歩踏み込んだおはなしが収録されています。

 

カバーイラストは、メインキャラクター全員集合という豪華仕様。

六七質先生は、いつもいい仕事をして下さる……。

内装の美しさと細かさもさることながら、食べ物もおいしそうです……!

 

TOKIOがラブカを釣ったり、千葉県沖でメガマウスが捕獲されたり、今、深い海がHOTですね!

まだお読みでない方も、これを機会にお手に取ってみてはいかがでしょうか。

水族館の紹介も兼ねているので、夏の外出先を探すヒントになるかもしれません。

 

刊行情報 | - | - | | TOPへ

<< / 2/16PAGES / >>