<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 

原作の幽落町は、ついに9巻。

完結巻ということで、寂しいとのお声をたくさん頂いております。

この物語が、こんなにも多くの方に愛されていたのだなぁと感じ入ってしまいました。

 

しかし、別れがあれば出会いもあるのが春。

まだ、哀しむのは早いかもしれません。

そして、電子雑誌『小説屋sari-sari』でも、番外編が連載されております。

こちらは、彼方君以外のお話がメインとなります。

もう少し続く予定なので、余韻に浸りたい方は是非。

 

そして、順調に版を重ねているコミックスですが、4巻は都築さんメインの巻です。

表紙にもピンナップにも書き下ろしにも都築さんが!(すごい!)

彼がお好きな方は必見ですぞ!

また、すごい抽プレが御座いますので、お楽しみに!(今月号のGファンタジーでは情報が解禁されておりますが)

 

5月下旬は、お待たせしました、『深海カフェ3』が発売予定となっております!

その前に、yomyom春号の『夜と会う。』もお忘れなく!

まずは、今月25日、25日に『幽落町おばけ駄菓子屋』原作9巻とコミックス4巻をゲットですぞー!

刊行情報 | - | - | | TOPへ

 

幻想古書店シリーズ4巻が、今月15日に発売となりました!

そして、なんと発売直後に重版が決定しました……!

お買い上げ下さった皆さま、本当に有り難うございます!

発売直後から、お買い上げのご報告やご感想を頂き、著者としても嬉しい限りで御座います。

皆さまのお声は、蒼月の原動力となっております。

 

今回は、司君がもやもやと悩むおはなし。

三話目でご紹介する本は、個人的に物凄くおススメです。

ゲーム好きな方や、人外好きな方は必読の古典だと思います。

他にも、いつものようにおススメの海外古典を紹介しておりますので、幻想古書店読後も、本屋さんや図書館に足を運んでみて下さいね。

刊行情報 | - | - | | TOPへ

 

『幻想古書店で珈琲を』シリーズ、第四弾の発売日が迫っております!

これで、シリーズ累計11万部突破となりました。

お買い上げ下さった皆さま、本当に有り難うございます。

これからも、『幻想古書店で珈琲を』シリーズを宜しくお願い致します!

 

今回のカバーイラストは、司君がメイン!

六七質先生の美し過ぎる司君が目印ですぞ!

亜門は後ろ姿ですが、読者さまの反応を見る限りではこちらも好評のようですね。

背中で語れる男……!

是非、帯を外して美しいシルエットをご覧下さいませ。

 

四巻では司君が彼是と悩んだり、わいわいとボードゲームをやったり(!?)します。

あと、初期のころからのTwitterのフォロワーさんは、「おっ」と思う話を収録しております。

とは言え、このネタを呟いたのがかなり前なので、覚えておられるかどうかわかりませんが……。

 

発売日は15日となっておりますが、地域差があるのでご注意下さいませ。

流通の関係でフラゲ出来るお店があるかもしれません。

店頭に並んでいるかどうかは、お店に確認してみて下さいね。

 

 

また、Twitterで告知させて頂きましたが、『魔法使いの嫁』の小説アンソロジーに参加させて頂くこととなりました。

こちらも、追って詳細をご報告させて頂きますね。

刊行情報 | - | - | 昨年の記事 | TOPへ

/ 1/13PAGES / >>